トップページ »  » 

デジタルポスター

デジタルサイネージ(Digital Signage)

デジタルサイネージとは
デジタルサイネージとはディスプレイなどの電子的な表示機器を使いリアルタイムに情報を発信する「次世代型インフォメーションシステム」です。
デジタルサイネージの基本概念は「公共」、OOH(Out Of Home)メディアとも呼ばれ、設置場所は屋外や公共施設・交通機関・店舗・店頭などで、一般家庭以外の場所となります。

デジタルサイネージ・イメージ図

常に新しい情報を発信
従来のペーパーポスターや掲示物、案内板、看板、同じ映像を繰り返し再生するのみのビデオディスプレイ、DVDプレイヤーなどの代わりとして、液晶ディスプレイ、プラズマディスプレイ、発光ダイオード(LED)、プロジェクターなどの表示機器を使って情報を発信します。
屋外広告物や電光掲示板、テレビのように不特定多数に同一の情報を流すのではなく、情報を必要としているターゲットに対して「文字・静止画・動画・音声」 などを活用し、焦点を絞ったメッセージを発信できます。したがって視聴者の注意を引き付けられるのと同時に、常に新しい情報を発信できる仕組みとなってい ます。

情報発信・イメージ

さまざまなコミュニケーションツールとして
利用範囲は、情報を必要としている人にピンポイントに情報提供ができるので、「広告」や「販促ツール」としての商業的な使い方の他、案内板や催事案内として、学校や会社内、地域公共施設でのコミュニケーションツールとしても活用できます。

利用範囲イメージ

表示機器への配信方法
表示機器へのコンテンツ配信方法としては、USBメモリなどの外部記憶装置があります。

「デジタルポスター」の配信イメージ

最新のデジタルサイネージのご提案「デジタルポスター」

デジタルポスター

オールインワンパッケージなので、
電源さえあれば出力機器等は不要です。
「デジタルポスター」は、ハード(液晶ディスプレイ、Windows©コントローラー、スピーカー、設置スタンド、配信用USBメモリ)と、ソフト(スクリーンデザイン、スケジューリング機能)が一体となった「お手軽オールインワン」
しかもWindows©コントローラーにはデュアルコアCPU+4GBフラッシュメモリ+1GBシステムメモリを搭載した「お手軽butパワフル」だから、動画や静止画、音声、テロップ、フリーレイアウトデザインまで幅広い表現が可能です。
デジタルポスターイメージ1 デジタルポスターイメージ2
DIY(Do-it-Yourself)型で、お手軽に
移動・設置からコンテンツ制作・表示まで。
DIY組み立てが可能な設置スタンド付きなので自由に移動ができる「お手軽可搬性」。(壁付けも可能です。)
狭小なスペースにも設置できる「省スペース性」。この2つを兼ね備え、「お手軽DIY設置」ができるのも、デジタルポスターならではの特長です。
またUSBメモリを使ってコンテンツデータをディスプレイ側に自動登録するため、面倒な配線工事も不要。電源さえあればその場で番組配信ができます。
店舗をはじめ、イベント会場やパブリックスペースなど、多彩なシーンで活躍する「デジタルポスター」は販促効率アップの強い味方になります。
ポスターのデザイン制作と掲示スケジュールを設定する
専用ソフトウェア付きで、お手軽運用。
専用ソフトウェアデジタルサイネージシステムの導入時にネックとなるのが運用コストの問題。特にコンテンツ制作・更新・管理の費用や業務委託が負担となるのでは?という不安は多いと思われます。
「デジタルポスター」では、付属の専用ソフトウェア「Magicinfo Pro」を使って、ポスターデザイン/制作/掲示スケジュールの設定が自前で簡単に制作できますので、運用面での余計な経費が発生しません。
(別途 Windows XP©/Windows Vista©パソコンが必要です。専用である必要はありません。)
設置スタンドとベゼル枠(化粧フレーム)、数タイプをご用意。
オリジナルデザインのオーダー製作も可能です。
設置スタンドは標準タイプを含め3タイプをご用意。設置環境に合わせて選択していただけます。またインテリアに合わせたオリジナルデザインのオーダーもお受けいたします。
ディスプレイ本体はオプションのベゼル枠イメージを変えることもでき、回転金具を取付ければ簡単にタテヨコ変更を行うこともできます。